本文へジャンプ
ファイザー株式会社 Working together for a healthier world より健康な世界の実現のために
ここから本文です
現在地 : Pfizer co.jp ホーム > 患者さん・一般の皆様 > 疾患名から調べる

疾患名から調べる

髄膜炎に関する情報

子どもと肺炎球菌.jp (57件)

「子どもと肺炎球菌.jp」のサイトへリンク子どもと肺炎球菌.jpは、子供を守りたいお父さん、お母さんに向けて、肺炎球菌に関する情報を提供するサイトです。

このページの先頭へ

自分でチェックする

スッきりんのバイバイ頭痛講座 (3件)

スッきりんと学ぶ頭痛講座。自分に合った対処法、ソボクな疑問、相談できる病院の検索もできます。

  • いつもと違う頭痛に要注意(危険な頭痛) | いろんな頭痛 | スッきりんのバイバイ頭痛講座いきます。 頭痛の中には、くも膜下出血や脳出血、感染症(髄膜炎など)、脳腫瘍といった脳の病気によって引き起こされる「危険な頭痛でしょう。必ず早急に医師の診察を受けましょう。 感染症(髄膜炎) 後頭部が強く痛んで首すじが硬直し、吐き気39°Cの高熱を伴う場合は、くも膜や軟膜の炎症による髄膜炎が疑われます。髄膜炎の頭痛は、体を動かしたり、頭を振ったりする
  • いろいろな頭痛 | 頭痛に関するソボクな疑問 | スッきりんのバイバイ頭痛講座起こる場合もあります。 その際、紛らわしい頭痛として、風邪をひいて頭がガンガン痛い上に高熱が出て、吐き気を感じたり、目がまぶしいといった症状を伴うようなら、髄膜炎の可能性もあるのですぐに病院に行きましょう。 Q 二日酔いの頭痛って何? A アルコールにより血管が拡がったために起こる頭痛です。 体内にアルコールが入ると、アセトアルデヒド
  • 頭痛専門医からのメッセージ | 病院に行くときは | スッきりんのバイバイ頭痛講座できます。 受診のタイミング いつもと違う頭痛(激しい痛みが突然起こったり、痛みが日増しに強くなる、高熱や手足の麻痺があるような場合)は、くも膜下出血、脳腫瘍、髄膜炎など命にかかわる病気の恐れがあります。このような場合にはすぐにかかりつけ医や病院(脳神経外科や神経内科)で診てもらうようにしましょう。 また、いつもの頭痛であっても、頭痛

このページの先頭へ

おとなの肺炎球菌感染症.jp 65歳からの予防接種 (1件)

65歳以上を対象とした予防接種やワクチン、肺炎球菌感染症について紹介しています。

このページの先頭へ

ここから下部共通部分です
ファイザー株式会社
Copyright© Pfizer Japan Inc. All rights reserved.
上部共通ナビゲーションに戻る