本文へジャンプ
ファイザー株式会社 Working together for a healthier world より健康な世界の実現のために

pfizer

Working together for a healthier world より健康な世界の実現のために

ここから本文です
現在地 : Pfizer co.jp ホーム > 患者さん・一般の皆様 > Pfizer for Patients内にある関連する病気の情報を検索する

患者さん・一般の皆様

Pfizer for Patients内にある関連する病気の情報を検索する|

脳腫瘍に関する情報

成長をサポートする保健師・保育士・養護教諭さんへ (4件)

成長障害について保健師、保育士、養護教諭の方向けサイトです。

成長障害の早期発見の重要性|保健師・保育士・養護教諭さんへ
治療を必要とするさまざまな病気が発見できる。 2.治療できる病気が見つかった場合、早期でないと十分な治療効果をあげられない。 3.脳腫瘍が成長障害の原因である場合が少なくない。 脳腫瘍は治療開始が遅れると完治できなくなることがあり、また、後遺症が残ることもある。 早期発見が大事 子どもの成長パターン 成人身長に
成長ホルモン治療の副作用|保健師・保育士・養護教諭さんへ
あります。そのため、悪性腫瘍のある子どもに投与すると腫瘍細胞を増殖させる可能性があるため、成長ホルモンの投与は原則的に禁止されています。 一方、脳下垂体周辺にできた脳腫瘍による圧迫や、その腫瘍の摘出や放射線などの治療によって下垂体組織が損傷または喪失した場合、成長ホルモンの分泌不全がみられることがあります。この場合は腫瘍の摘出後、もしくは
成長障害の診断的アプローチ|保健師・保育士・養護教諭さんへ
2 MRIとは 核磁気共鳴断層撮影のこと。体の内部にある水素原子の核磁気共鳴現象を利用した検査法。ここでは脳下垂体を中心とした画像診断を目的としています。脳腫瘍や生まれつき下垂体の異常が疑われる場合などに、頭部MRIが必要です。 成長障害の診断的アプローチ 成長障害の診療の実際 成長ホルモン治療 成長ホルモン治療の副作用

このページの先頭へ

成人の成長ホルモン分泌不全症 (4件)

成人の成長ホルモン分泌不全症と下垂体機能低下症のサイトです。

成長ホルモンとは?|成人の成長ホルモン分泌不全症
としては、子どものときに始まる場合と、大人になってから起こる場合があります。大人になってから起こる場合の原因は以下に示す脳腫瘍によるもの、あるいは原因不明によるものが多くなっています。 脳腫瘍が原因 脳の下垂体に腫瘍ができ、それが大きくなると、腫瘍で圧迫されて下垂体機能が低下します。下垂体は成長ホルモンを含む各種ホルモン
体験談インタビュー|成人の成長ホルモン分泌不全症
症に関心をお持ちの方に、患者さんの体験談をインタビュー形式でご紹介しています。 ※掲載内容は実際の取材に基づいて作成されています。 第1回 11歳の時の脳腫瘍摘出手術をきっかけに成長ホルモン治療を開始し、成人になった今でも治療を続けていらっしゃるIさんに、治療生活についてインタビューしました。 インタビューの内容はこちら 国立
第1回体験談インタビュー|成人の成長ホルモン分泌不全症
ありません ─ Iさんは、成人の成長ホルモン治療を受ける以前に、子どものころ成長ホルモン治療を受けていた経験があるとうかがいましたが。 Iさん はい。11歳のときに脳腫瘍が見つかり、それが原因で成長ホルモンが分泌されていないことがわかりました。どうりで私は同級生よりも身長が低く、痩せていたわけです。身長を伸ばすために成長ホルモン治療を始めた

このページの先頭へ

がんを学ぶ ひとりのがんに、みんなの力を。 (4件)

診断から治療まで、がんに向き合うために必要な情報を掲載しています。

MRI検査 | pNET関連用語集 | pNETについて | 種類別がん情報 | がんを学ぶ
CT検査」があり、MRI検査の方が全ての面で優れていると思われがちですが、それぞれに長所と短所、適している部位・疾患などがあります。MRI検査は、脳梗塞や脳腫瘍、血管の異常などの検査に向いており、様々な角度からの断層像が得られるというメリットがある一方、心臓ペースメーカーをつけている人や閉所恐怖症の人には適しません
ハ行 | がん関連用語集 | がんを治療する | がんを学ぶ
によって得られた信頼できるデータをもとにした治療方法です。ただし、すべてに標準治療があるわけではなく、現在は胃がん、大腸がん、肺がん、肝がん、乳がん、脳腫瘍など、患者数が多いがんに対して設けられ、各医学会が編集する「治療ガイドライン」に標準治療が示されています。なお、「標準治療以外の治療はしてはならない」と、患者にも医師にも
MRI検査( エムアールアイけんさ ) | がんを学ぶ ひとりのがんに、みんなの力を | ファイザー
して「CT検査」があり、MRI検査の方がすべて優れていると思われる傾向がありますが、それぞれに長所と短所、適している検査などがあります。MRI検査は、脳梗塞や脳腫瘍、血管の異常などの検査に向いている、さまざまな角度からの断層像が得られるというメリットがある一方、心臓ペースメーカーをつけている人や閉所恐怖症の人には適しません。

このページの先頭へ

成長相談室 (2件)

お子さんの低身長や成長障害について解説しているサイトです。

成長ホルモン療法の副作用・注意点|子どもの低身長と成長障害について考える成長相談室
あります。そのため、悪性腫瘍のある子どもに投与すると腫瘍細胞を増殖させる可能性があるため、成長ホルモンの投与は原則的に禁止されています。 一方、脳下垂体周辺にできた脳腫瘍による圧迫、その腫瘍の摘出や放射線などの治療によって下垂体組織が損傷または喪失した場合、成長ホルモンの分泌不全がみられることがあります。この場合は、腫瘍の摘出後、もしくは
お医者さんからのアドバイス|子どもの低身長と成長障害について考える成長相談室
早期発見が重要な理由 1低身長をきっかけに治療が可能な病気が発見できる。 2治療できる病気が見つかった場合、早期でないと十分な治療効果をあげられない。 3脳腫瘍が成長障害の原因である場合が少なくない。 だから低身長の原因を特定し、病気が原因なのかどうかを早めに見極めなければならないんです。 低身長チェックはこちら 子供

このページの先頭へ

スッきりんのバイバイ頭痛講座 (1件)

スッきりんと学ぶ頭痛講座。 自分に合った対処法、ソボクな疑問、相談できる病院の検索もできます。

いつもと違う頭痛に要注意(危険な頭痛) | いろんな頭痛 | スッきりんのバイバイ頭痛講座
中には、くも膜下出血や脳出血、感染症(髄膜炎など)、脳腫瘍といった脳の病気によって引き起こされる「危険な頭痛」があります疑って、早急に医師の診察を受けることが大切です。 脳腫瘍 頭全体あるいは一部に圧迫感や頭重感、鈍痛が続き、突然吐いたり、けいれん発作に襲われるようなときは、脳腫瘍が疑われます。脳腫瘍による頭痛は、腫瘍のために脳内の圧力が高まること

このページの先頭へ

ここから下部共通部分です
ファイザー
Copyright© Pfizer Japan Inc. All rights reserved.
上部共通ナビゲーションに戻る