本文へジャンプ
ファイザー株式会社 Working together for a healthier world より健康な世界の実現のために
ここから本文です
現在地 : Pfizer co.jp ホーム > 患者さん・一般の皆様 > 疾患名から調べる

疾患名から調べる

アナフィラキシーに関する情報

子どもと肺炎球菌.jp (58件)

「子どもと肺炎球菌.jp」のサイトへリンク子どもと肺炎球菌.jpは、子供を守りたいお父さん、お母さんに向けて、肺炎球菌に関する情報を提供するサイトです。

  • 不活化ワクチンとワクチンの副反応|予防接種・ワクチンの基礎知識|子どもと肺炎球菌.jpが、一般的によく認められるワクチンの副反応です。まれには、アナフィラキシー[ワクチンが体質に合わずに、アレルギー反応などにより呼吸困難やショックなど知って、子どもを守ろう 子どもの低身長を考える 成長相談室 アナフィラキシーってなあに.jp アナフィラキシー対策は正しい知識で 本サイトに掲載された健康情報は啓発を目的としたものであり
  • 入園をきっかけにせきやお熱が増えるのはなぜ?|子どもと肺炎球菌.jp入園までに必要なもの・こと ※1 食物アレルギーの詳細は「アナフィラキシーってなあに.jp[allergy72.jp/]」にてご確認ください知って、子どもを守ろう 子どもの低身長を考える 成長相談室 アナフィラキシーってなあに.jp アナフィラキシー対策は正しい知識で 本サイトに掲載された健康情報は啓発を目的としたものであり
  • 関連リンク集|子どもと肺炎球菌.jpVPD! 子どもの予防接種などの情報を提供するサイトです。 アナフィラキシーってなあに?.jp アナフィラキシーってなあに?.jp 食物、蜂刺されによる急性アレルギーにしっかり知って、子どもを守ろう 子どもの低身長を考える 成長相談室 アナフィラキシーってなあに.jp アナフィラキシー対策は正しい知識で 本サイトに掲載された健康情報

このページの先頭へ

アナフィラキシーってなあに?.jp (42件)

このページの先頭へ

アナフィラキシー患者さんとそのご家族のためのサイト (21件)

ハチ毒、食物及び薬物等に起因するアナフィラキシー反応に対する補助治療剤(アドレナリン注射液)に関する適正使用情報を、患者様とそのご家族に提供します。

  • エピペンとは|エピペンについて|アナフィラキシー補助治療剤 エピペンアナフィラキシー補助治療剤 - アドレナリン自己注射薬エピペン® しくみ 保存・携帯に関する注意事項 エピペンは、アナフィラキシーがあらわれたときに使用し、医師の治療を受けるまでの間アドレナリン自己注射薬)です。あくまでも補助治療剤なので、アナフィラキシーを根本的に治療するものではありません。エピペン注射後は
  • 使用するタイミング|エピペンの使い方|アナフィラキシー補助治療剤 エピペンアナフィラキシー補助治療剤 - アドレナリン自己注射薬エピペン® 時期の目安 ● エピペンが処方されている患者様でアナフィラキシーショックを疑う場合、下記の症状が1つでもあらわれたら、できるPlease enable JavaScript to watch this content. 動画ダウンロード アナフィラキシーってなに?.jp アナフィラキシーの相談ができるお
  • 実践編|エピペンの使い方|アナフィラキシー補助治療剤 エピペンアナフィラキシー補助治療剤 - アドレナリン自己注射薬エピペン® 実践編 使用するタイミング 動画と関連資料 アナフィラキシーの徴候や症状を感じたときに、太ももの前外側に速やかに注射直ちに最寄りの医療機関を受診してください。 アナフィラキシーがあらわれたら 誤注射を避けるための正しい持ち方

このページの先頭へ

慢性骨髄性白血病患者さんとそのご家族の方々のためのサイト (1件)

慢性骨髄性白血病患者さんとそのご家族の方々のためのサイト

  • その他の副作用|ボシュリフ服用中の副作用|慢性骨髄性白血病(CML)治療薬 ボシュリフ Bosuli...尿量が減る、血圧の上昇、全身のけいれんなどの症状があらわれます。 ショック、アナフィラキシー ●ショックでは、冷や汗、めまい、意識がうすれる、考えがまとまらない、血の気がひく、息切れ、判断力の低下などの症状があらわれます。 ●アナフィラキシーでは、体がだるい、ふらつき、意識の低下、考えがまとまらない、ほてり、眼と口唇のまわり

このページの先頭へ

治療中の血友病B患者さんとそのご家族の方々への情報サイト (1件)

血友病B治療薬「ベネフィクス」を適正にご使用いただくための情報を提供しています。

  • ベネフィクスの副作用 | BeneFIX(ベネフィクス)ナビ浮動性めまい(ふどうせいめまい) 発疹(ほっしん) 蕁麻疹(じんましん) 注射部位疼痛(ちゅうしゃぶいとうつう) 嘔気(おうき) 重い副作用 ショック・アナフィラキシー 血栓症(けっせんしょう) 特に注射後に下記のような症状があらわれた場合は、 すぐに主治医の先生または看護師、薬剤師にご連絡ください。 副作用は早く発見し

このページの先頭へ

自分でチェックする

成長相談室 (1件)

お子さんの低身長や成長障害、成人の方の成長ホルモン分泌不全症についてわかりやすく解説しています。 また、成長セルフチェックや病院検索もできます。

このページの先頭へ

がんを学ぶ ひとりのがんに、みんなの力を。 (1件)

診断から治療まで、ひとりのがんにみんなで向き合っていく為に必要な情報をわかりやすく解説しています。

  • 薬物療法と副作用 | 肺がんの治療と副作用 | 肺がんを学ぶ | がんを学ぶしましょう。 副作用の一覧へ戻る 薬剤アレルギー 抗がん剤に限らず、どの薬剤にもアレルギー反応が起こる可能性はあります。 特に全身の過剰なアレルギー反応であるアナフィラキシー反応が起こると、急激に血液の循環がうまくいかなくなり、生命に危険が及ぶ状態になることもあります。治療中または治療後に異変を感じた際には、すぐに医師や看護師に

このページの先頭へ

ここから下部共通部分です
ファイザー株式会社
Copyright© Pfizer Japan Inc. All rights reserved.
上部共通ナビゲーションに戻る